Memorable Day-the wedding

神社挙式で式を挙げよう|日本古来からの方法

神前式とは

神社とホテルなどの違い

男女

神社挙式は日本の伝統的な結婚式で、神前式とも呼ばれます。
神前式はホテルや結婚式場の神殿でも行われています。
では神社挙式とホテルや結婚式場の神前式とはどのような違いがあるのでしょうか。
神社挙式は式を挙げるカップルが、好きな神社や思い出の神社を選ぶことができます。
ホテルなどの神前式は、近隣の神社の禰宜が出張して執り行います。
式の進行はどちらもほぼ同じ形となります。
ただ神社挙式は儀式前に本殿に向かうとき、新郎新婦を先頭にして両親、兄弟、親族の順に並んで歩きます。
しかしホテルや結婚式場の場合は、新郎新婦よりも先に両家の親族が入場することが多いようです。
そしてしばらくすると雅楽の調べと共に新郎新婦が入場します。
神社挙式の費用は初穂料や玉串料と呼ばれ直接神社にお渡しします。
この挙式費用は平均5万円程度ですが、格式の高い神社だと10万円以上になることもあります。
また生の雅楽演奏などをつける場合はその費用も必要です。
衣装やヘアメイク、写真などは別に和婚会社などに依頼します。
また神社で披露宴ができる場合もありますが、設備がない場合はその手配をする必要があります。
ホテルや結婚式場は、これらの費用がセットになっている場合がほとんどです。
このように書くとホテルや結婚式場の神前式が簡単で便利そうに思う人もいるかもしれません。
しかし四季折々の自然の中で行われる神社挙式は、ホテルなどの神殿とはまた違った趣があります。
そして式を挙げた神社は大切な思い出の場所となるのです。

事前の確認や打ち合わせ

新郎新婦

神社挙式とは、神社の本殿で神に結婚の報告をするという、日本独自のウェディングスタイルです。
新郎は羽織袴、新婦は白無垢を着用することが一般的なので、日本的な魅力があることから神社挙式は注目されています。
また挙式費用の相場が30万円前後と、チャペル挙式よりも安いことが多いので、その点からも人気があります。
ただし全ての神社が挙式を行っているわけではないので、神社挙式を希望する場合、まずはそれを受け付けている神社を探すことになります。
ロケーションやプランの詳細を確認するために、実際に足を運ぶことも必要です。
また、映像や音声や照明などの演出に必要となる器具を使用できるかどうか、確認することも大事です。
披露宴会場を別の場所で行う場合は、ゲストの移動に使う大型バスなどの出入り、衣装の持ち運びなどについても、滞りなく進むよう計画しておくことが肝心となります。
ウェディング専用のチャペルと異なり、神社は挙式に特化していないため、神社挙式ではその分事前準備が多めに必要となるのです。
個人では難しいという場合は、プロデュース会社に依頼することもひとつの手です。
プロデュース会社では、新郎新婦の希望をしっかりとヒアリングした上で、条件に合う神社やプランを紹介します。
その後は、演出における神社との打ち合わせも披露宴会場やバスの手配も、プロデュース会社が代行するのです。
効率良く準備を進めていくことができるので、神社挙式を希望する人の多くが利用しています。

挙式ができる神社

赤い糸

神社挙式を行うカップルが増えていますが、海外挙式と言えばこぞってハワイに行くように、神社挙式と言えば京都でしょう。
京都には由緒正しい神社がたくさんありますので、神社挙式を上げることのできる神社も多くあります。
それぞれの神社によって祀られている神様も異なりますし、景観や雰囲気も全く異なりますので、京都での挙式と言ってもどこで行うかは迷ってしまいます。
基本的には挙式の料金はそれほど高くはありませんが、披露宴会場や衣装代などで費用がかかることになります。
そのため、神社を選ぶ場合には費用はあまり関係ありません。
おおよそ初穂料などで10万円程度が必要になるところが多いようです。
具体的には、京都で最も歴史があり世界遺産にも登録されている上賀茂神社で神社挙式を行うことができます。
国宝の本殿が見守る中、境内で挙式を行います。
由緒ある儀式をもって結婚を祝すことができます。
また、上賀茂神社と並んで歴史のある下鴨神社でも神社挙式を行うことができます。
源氏物語など数々の歴史文学にも登場しており、境内には樹齢数百年の樹が茂り、参道の先には朱塗りの鳥居が屹立しています。
縁結びの神様に見守られて挙式をすることができます。
平安遷都1000年を記念して建てられた平安神宮でも神社挙式を行うことができます。
京都は桓武天皇が平安京に選んだほどのパワースポットでもあります。
その他、北野天満宮や吉田神社、今宮神社など、京都市内にあるたくさんの神社で挙式できます。

神社の中でのドレスコード

神前式

神社挙式だからと言って、参列者まで着物でなければならないということはありません。洋服でも構いませんが、神社の中が地味ですから、あまり派手なスーツにしてしまうと目立ってしまいますので、良識の範囲内で決めることが大切です。

もっと読む

挙式の流れと意味

神社仏閣

参進の儀から始まる神社挙式は、祝詞奏上に三献の儀、そして誓詞奏上に玉串奉奠と一貫して儀式的に粛々と執り行われます。しかしその儀式は一つ一つ、祈りが込められており、夫婦と両家の弥栄を願う大切な儀式です。儀式に合わせて自らの思いも重ね合わせる事で、より一層結婚への気持ちも強く引き締まるでしょう。

もっと読む

挙式後の流れ

新郎新婦

神社挙式でその後披露宴や食事会をするときは、移動や服装のチェンジに配慮が必要となってきます。披露宴会場を通じて予約するのが最も確実ですが、そうでないときは移動方法を手配しておかねばなりません。服装を変えるときも待たせないようにする配慮があります。

もっと読む