Memorable Day-the wedding

神社挙式で式を挙げよう|日本古来からの方法

神社の中でのドレスコード

派手なスーツは禁物

神前式

神社挙式でどのような衣装を着ればいいのか、新郎新婦も参列者も悩むことと思います。
神社での挙式ですから、当然和式であることは間違いありません。
ただ、着物を着ると動きが制約されてしまいますので、洋服の方がいいという人も少なくありません。
特に参列者にとってはスムーズに移動したいはずですから着物は大変です。
実際に神社挙式を行う場合には、新郎新婦はもちろん袴姿に白無垢ですが、参列者は特に決まりはありません。
せっかくの神社挙式ですから着物姿の人が多いですし、特に新郎新婦の母親は着物を着ていることがほとんどです。
だからと言って参列者がすべて着物を着る必要はありません。
また、神社挙式に引き続いて併設された会場や別のレストランなどで披露宴を行う場合が多いですが、その際には新郎新婦も衣装替えをするのが一般的です。
新郎新婦がタキシードとウェディングドレスになるわけですから、参加者も洋服で問題ありません。
最近の神社挙式では、友人も参加できるような形にしている場合がありますが、その際にも洋服で構いません。
神社挙式ということで全体のコーディネートを和風にすることは大切ですが、衣装に関しては個人の自由になっている場合がほとんどです。
ただ、親族に関してはあまり派手な色のスーツは避けた方が無難です。
神社の場合、どうしても地味な色合いになりますので、派手なスーツは人目を引く可能性があるからです。
特にドレスコードがあるわけではありませんが、良識の範囲内で決めることが必要です。

素敵な日にするために

新郎新婦

洋式の結婚式も人気がありますが、最近は和式の結婚式も人気が出てきています。
和婚は、神社で結婚式を行う神社挙式です。
神社挙式は、ホテルや結婚式場などで行うのと同じ段取りで準備します。
まずは、自分達がしたい神社挙式をイメージして神社を決めます。
招待人数、日取りを決めて神社の見学に行きます。
1つの神社だけではなくいくつか候補をあげて見学し比較してから決めることをおすすめします。
写真などと実際に見るのとではイメージが違うので必ず見学しに行きましょう。
神社を決めたら、衣装決め、ヘアメイクのリハーサル、詳細打ち合わせ、最終確認という流れになります。
神社を選ぶ時に注意することは、神社挙式は友人参列がダメなところもあります。
事前に確認することをおすすめします。
他にも冷暖房などの設備の確認も重要です。
冷暖房がついてない神社もあります。
暑い中、着物やドレスを着るのは体力的にも限界があります。
また雨の日など、神社までの道のりはどうするのかなど細かい点について不安な事、心配な事は必ず相談することをおすすめします。
一生に一度のイベントなので事前の準備はとても大事です。
何をするにもまずはどんな式がしたいのか決めなければ話が進みません。
まず結婚雑誌やインターネットなどを活用してイメージを決めることから始めましょう。
神社巡りもとても楽しいものです。
自分達に合った神社を見つけて、参列者みんなが楽しめる結婚式にすることをおすすめします。

洋婚と和婚の違いとは

花嫁

ウェディングドレスを着用するチャペルウェディングと白無垢に打掛姿で行う神社挙式はどちらも女性の憧れの結婚式です。
チャペルウェデイングは教会だけでなくホテルや結婚式場、ゲストハウスなどで行うことができます。
これらの挙式場は独立型のチャペルを設備しているところも多く、その豪華さを誇っているところも少なくありません。
チャペルには色鮮やかなステンドグラスや聖歌隊、パイプオルガン演奏、長いバージンロードなどが用意されています。
教会や式場のチャペルは宗教に關係なく利用することができます。
また披露宴に招待された人全員が挙式に参加して祝福します。
挙式後はブーケトスやフラワーシャワーなどを行い、暖かくも賑やかな雰囲気の結婚式となります。
神社挙式は、思い出の場所や憧れていた神社で行う結婚式です。
本殿で行う挙式は基本的には花嫁花婿と家族や親戚だけが参列します。
神社挙式は両家が同じ親族になったことを神に報告する儀式でもあるからです。
そのため神社挙式はチャペルウェディングとは違った雰囲気や清々しい緊張感に包まれます。
ほかの招待客は披露宴会場で新郎新婦の到着を待っています。
そして二人が現れると大な歓声と拍手に包まれます。
挙式の厳かな静けさと披露宴の大きな歓声のギャップで新郎新婦は大きな高揚感に包まれるのです。
披露宴会場では新婦はお色直しにウェディングドレスを着ることもできます。
神社挙式とチャペルウェディングはどちらも様々なメリットがあります。
実際に参列してみるのも選ぶ決め手になるかもしれません。

神社の中でのドレスコード

神前式

神社挙式だからと言って、参列者まで着物でなければならないということはありません。洋服でも構いませんが、神社の中が地味ですから、あまり派手なスーツにしてしまうと目立ってしまいますので、良識の範囲内で決めることが大切です。

もっと読む

挙式の流れと意味

神社仏閣

参進の儀から始まる神社挙式は、祝詞奏上に三献の儀、そして誓詞奏上に玉串奉奠と一貫して儀式的に粛々と執り行われます。しかしその儀式は一つ一つ、祈りが込められており、夫婦と両家の弥栄を願う大切な儀式です。儀式に合わせて自らの思いも重ね合わせる事で、より一層結婚への気持ちも強く引き締まるでしょう。

もっと読む

挙式後の流れ

新郎新婦

神社挙式でその後披露宴や食事会をするときは、移動や服装のチェンジに配慮が必要となってきます。披露宴会場を通じて予約するのが最も確実ですが、そうでないときは移動方法を手配しておかねばなりません。服装を変えるときも待たせないようにする配慮があります。

もっと読む