Memorable Day-the wedding

神社挙式で式を挙げよう|日本古来からの方法

挙式後の流れ

配慮を忘れずに

新郎新婦

神社挙式は近年その価値が見直され、実施する人が増えてきているものです。
神社挙式は荘厳で神聖な雰囲気があり、また日本人に最もにあう和装で行う式であるため写真映えもします。
神社は、その後子供が産まれたときもお宮参りや七五三と長く付き合うこともできるという点に特徴があります。
単に神前式という場合は、ホテルや結婚式場にある施設で行うものをさすこともありますが、神社挙式という場合は神社で挙式することをさします。
神社には披露宴会場が併設していることはなく、あっても簡易な食事場程度です。
そのため、別途食事会や披露宴を行おうと思っている場合はきちんと手配しておかねばなりません。
最もスムーズなのは、あらかじめ神社と提携した披露宴会場を選び、披露宴会場を通して神社の空きを確認してもらう方法です。
神社への申し込みや打ち合わせは新郎新婦が神社と直接行うことになりますが、披露宴会場側で神社との送迎や時間の管理をある程度管理、手配してくれるためスムーズに進みます。
神社の方も了解している点も大きなメリットです。
別々に手配する場合は、移動についてもきちんと考えておかねばなりません。
距離があるときはタクシーチケットを手配しておいたり、マイクロバスを用意したりする配慮が必要です。
神社挙式では和装が一般的ですが、その後の披露宴でドレスに変えたい場合はそれも手配する必要があります。
披露宴会場であればたいていは行ってくれますが、挙式から参加する親族を待たせないようにしたり退屈させないようにしたりすら配慮が必要です。

服装は正装か準礼装

カップル

神前結婚式はホテルや結婚式場の神殿でもすることができます。
しかし近年和婚ブームが復活し神社挙式をする人も増加しています。
神社挙式を行う際には注意しなければならないことがあります。
神社挙式は神社の本殿で行われますが、神社によってその広さには違いがあります。
場合によっては申し込み人数が予定より増えて本殿に収容しきれないということも起こります。
そのようなことのないように、予約前に参列者の数を確認しておくことが大事です。
服装は両親の場合は正礼装か、もしくは準礼装にします。
和装にするなら母親は黒留袖、父親は紋付羽織袴にします。
洋装の場合は母親はフォーマルドレス、父親はタキシードや燕尾服にすればいいでしょう。
親戚は両親よりも控えめな和装や洋装にすることが大切です。
神社挙式は一般的に新郎新婦と親族のみで行われ、友人や知人の参加はありません。
しかし最近はこれらの人も参列することも多くなってきました。
その場合の服装は新郎新婦より抑えたデザインや色にすることが必要です。
神社は神様を祀る場所ですから素足は厳禁です。
必ずストッキングか靴下を着用しましょう。
また神社挙式に参列する前には手水で清めることも大切です。
神社挙式の流れの中で新郎新婦は玉串を神前に捧げる玉串奉奠を行います。
これには作法があり、心配な場合は事前に練習しておくことをおすすめします。
また流れを事前に確認しておけばゆとりを持って式を挙げることができます。

繋がりを大切にする儀式

会場

近年は神社挙式が見直されてきています。
日本人にはやはり和装が似合うため、和装がはえる神社での挙式が素敵という風に世間の風潮が変化しつつあるのです。
ただ、神社挙式は結婚式場への申し込みのみではできないこともあり、申し込みなどの時に注意しなければならないこともあります。
神社挙式は基本的に神社に直接申し込む形になります。
その後披露宴をするときは別途結婚式場に申し込む形になります。
ただ、中には神社と提携している結婚式場もあるので、事前に調べておくとスムーズです。
申し込むときは、希望する日が空いているか確認して、神社の中を見学したり挙式の流れや注意点について聞いたりしてから申し込みを行います。
多くの神社では広さの都合と家同士のつながりを重視するという点から、家族と親族のみの参列となっていることが多いです。
披露宴も続けて行おうとする場合はその点に注意しなければなりません。
申し込みのときは挙式をあげるための費用をそろえて申し込むのが一般的です。
神社挙式をする費用は、初穂料や玉串料という名前で呼ばれます。
白い封筒に入れ、初穂料や玉串料と表上段に記し、下段に名前を書きます。
費用相場は10〜20万円前後でそこまで高くはありません。
巫女舞や雅楽の生演奏などを加えると高くなります。
現金で用意するのが基本なのできちんとそろえていきましょう。
通常は見学と説明を行った後、後日申し込みという形になるので、見学にいく当日は現金を用意しなくてもかまいません。

神社の中でのドレスコード

神前式

神社挙式だからと言って、参列者まで着物でなければならないということはありません。洋服でも構いませんが、神社の中が地味ですから、あまり派手なスーツにしてしまうと目立ってしまいますので、良識の範囲内で決めることが大切です。

もっと読む

挙式の流れと意味

神社仏閣

参進の儀から始まる神社挙式は、祝詞奏上に三献の儀、そして誓詞奏上に玉串奉奠と一貫して儀式的に粛々と執り行われます。しかしその儀式は一つ一つ、祈りが込められており、夫婦と両家の弥栄を願う大切な儀式です。儀式に合わせて自らの思いも重ね合わせる事で、より一層結婚への気持ちも強く引き締まるでしょう。

もっと読む

挙式後の流れ

新郎新婦

神社挙式でその後披露宴や食事会をするときは、移動や服装のチェンジに配慮が必要となってきます。披露宴会場を通じて予約するのが最も確実ですが、そうでないときは移動方法を手配しておかねばなりません。服装を変えるときも待たせないようにする配慮があります。

もっと読む